<レッスン例①>
"Nae" スケール練習
"Nae"は声帯が開きやすい。
ブリッジ部分(Chest Voice;地声とHead Voice;裏声の境目)が不安定になりやすいので、スケールに変化をつけながら​不安定な音域を強くしていく。

<レッスン例②>

"Wee"スケール練習

​ブロークンアルペジオスケールを使って、ブリッジ部分を行ったり来たりしながら、不安定になりやすい音域をより柔軟に発声できるようにする。